サンバにボサノバ、MPB。ショーロにフォホーにセルタネージョ。ブラジル音楽中心、サンパウロでのレコード漁盤日記。デザイン。Tシャツ。ブラジル料理。他。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
サンパウロ、ライブガイド2013-2014(仮)
Feliz Ano Novo 2014!!! 

今年はブラジルの年です。 
何卒、サンパウロレコード共々、よろしくお願い申し上げます!! 


新年一発目、暇を持て余しておりますので
サンパウロのライブガイドの記事でも書こうかなと、思います。 
「サンパウロレコード」なんて名乗ってますが、
もうここ数年、レコード堀りというよりは、
ブラジルで生のライブを観ることばかりが生き甲斐となっておりまして。 

ブラジル、サンパウロに関わって十数年になりますが、
今、とりわけ、サンパウロの「casa de 〜」と呼ばれる、小箱も小箱、
小さなライブハウス、スペース、家、小屋でわき起こっている
音楽事情がとてもおもしろいことになっておりまして。 
そこいら辺のライブスペース情報をご紹介しよかな。と。

新年特別企画。


まずは、本星。Casa de Franciscaです。
何度かこのブログでも書いておりますが、ここのライブスペースは
素晴らしいです。
パウリスタ大通りからも近く、観光者でもとても行きやすい立地。

Casa de Francisca


サイトのトップページです。
プログラムで予定をチェック。そして「予約」ページには
一月先ぐらいまでの予定が載っていまして
オンラインで外国人でも予約ができてしまいます!
(ブラジル国内って、オンラインで外国のクレジットカードなかなか使えないんです…)

会場内の雰囲気。とっても良いです。
ステージはご覧の通り、狭く、音響設備もたいしたものではありませんが、
レトロな雰囲気で臨場感ありまして、
とてもミュージシャン達と身近で親密な感じでライブがすすみます。

Alessandra Leão com Kiko Dinucci

昨年来日したAntonio Loureiroは、今、Sibaとデュオをよく演るそうです。
Rodrigo CamposもここでPasso Tortoだったり、Veronica Ferriani、
Thiago Françaとデュオを演っていました。



以前も書いたのですが、この近所に友人が住んでおりまして、
僕、オープン前、内装工事中のこのお店に来て、夜通し古いブラジル音楽を
かけながら、友人とオーナー3人で飲んだことがあるんです。
オーナーにそのことを話したら、まったく覚えていなかったんですが…!

実は!Casa de Franciscaは兄弟で経営してまして、
僕は弟さんと飲んでたんです!
兄貴にそのことを話したって、なんのこっちゃですよねw

2014年の年明けは、昨年惜しくも亡くなった、
サンパウロのサンビスタ、パウロ・ヴァンゾリーニへの追悼ライブ月間のようです。
というのも、生前、晩年、このCasa de Franciscaでよくライブをしていまして。

さらには、彼の最後のライブとなったのは、Casa de Franciscaの企画コンサート
El grande conserto 2でした。

僕はそこで、
幸運にもパウロ・ヴァンゾリーニの最後の勇姿を観ることができました。
(ちゃっかり映像も撮ってしまいました)

すっかり、イチオシのCasa de Franciscaの話が長くなってしまいまして
次回その他のライブスペースの紹介などを。


Show(ライブ) comments(0) trackbacks(0)
アカラジェ&タピオカ、食べ納め!2013。



今年度のアカラジェ&タピオカ、食べ納めにいかがでしょうか?
今年中、また来年の予定も未定と、気ままな感じでございますので、
食べられるうちに!w
生活工房内には厨房がございますので、揚げたてカリカリのアカラジェ
ご提供いたしますよ!

12月7、8日(土、日)11:00〜18:00 
知の航海2013 ふゆまつり出店!
@三軒茶屋 キャロットタワー内4F、生活工房内
11:00〜18:00

Comida(食べ物) comments(0) trackbacks(0)
リキダサォン! 在庫一掃セール!
Raul Seixas  Size:レディースM、黒×白
1000円

Tim Maia Size:レディースM、ドルマンスリーブ、パープル(霜)×紺
1000円 SOLD OUT

Tim Maia Racional  Size:L 白
1500円  SOLD OUT

Jackson do Pandeiro (ベージュ) Size:L
1500円  SOLD OUT

Jackson do Pandeiro(ピンク) Size:L
1500円

Caetanão Size:レディースM、グレー、ドルマンスリーブ
1000円 SOLD OUT

Caetanão Size:レディースM、黄×緑
1000円

SOM LIVRE  サイズ:S、新古品
500円

Elis Regina  サイズ:M、ユーズド(数回着用)
500円  SOLD OUT




すべて1枚のみです。

noukazama@gmail.com までメールください。
 
Desenho(デザイン) comments(0) trackbacks(0)
東京アカラジェ&タピオカ@武蔵小山

次回、東京アカラジェ&タピオカの出張先は武蔵小山「武蔵小山商店」です!

11/30(土)19:00~
武蔵小山商店 むさこ家
東京都品川区小山3-14-6
03-3781-9531



飲み物(カイピリーニャも出します!)、食べ物、
ALL500円の武蔵小山価格ですので、安心して
ベロベロに酔っぱらえます!

また、お店の小窓からテイクアウト、店外カウンターでの
立ち飲み、立ち食いもOKです!

お誘い合わせの上、ぜひぜひ、お立ち寄りくださいまし! 

Comida(食べ物) comments(0) trackbacks(0)
ブラジルのデラソウルかトライブか

95年ですか。
これ、ブラジルの友達に教えてもらったんですが、
Ataliba e A Firmaの「Política」。
かっこいいですね。
途中、パンデイロのバトゥカーダはいったりして。

サンパウロの街がなんだか、今よりキレイですw


Política

Nossa vida mais e mais ficando crítica
Basta olhar que você vê que a vida cívica
Deteriora tanto quanto a coisa pública
Quanto choro, quanta fome, quanta suplica
Quanto nojo de saber que gente estúpida
De mamatas vão vivendo na república
chegou lá sem declarar riqueza subita

Joga o jogo de enganar postura física
De enganar figura lá postura cênica
Vem política estúpida e anêmica
Vem política raquítica, cínica
Choque vai, vem inflação de forma cíclica
Nem precisa consultar a estatística
Pois de fato a gente sente a vida rústica
Que não há como mudar o tom da música
Pois vai mudar, vai melhorar, vai ficar nítida
Sua alegria de viver será explícita
Nos palanques bem montados, boa acústica
São patéticas promessas de política

De política em política (3x)

Essa política gerando gente cínica
povo mais cada vez ficando cético
Gabiru será um dia milimétrico
São escândalos, processos quilométricos
São seqüestros, falcatruas sem inquéritos
Ser parente se promove pelo mérito
Superfaturada a compra, coisa ilícita
Divulgado o resultado da balística
Só se tinha um tiro certo para o céfalo
Deram dois na inflação, efeito ínfimo
Galopante volta a fera, segue o ritmo
Qual doença degradando o corpo aidético
Então o político declara ser o médico
Diagnostica que a cura é pelo empréstimo
Com certeza vai querer morder o dízimo
E ao problema ele receita um analgésico
E toda verba vai pro bolso dos corruptos
E todo o povo ajoelhado ante o púlpito
Ora a deus, pede luz para o facínora
Encarnado na figura do publícola

Avanço no futuro, cibernética
Com videogame, disc-laser, informática
Mili-dados vão na fita magnética
E essa política atrasando o sul da América
Demagogia se tornando vida prática
Recessão na economia mais estática
A gente não sabemos nem uma gramática
E na saúde como a coisa está dramática
Se ganho vinte: noves-fora, matemática
Lá vai imposto numa construção lunática

Teve debate na TV caiu na sátira
Lobbies lobos lambem lá de forma sádica
Outros bobos querem resolver na mágica
Alguns acharam a solução compondo máximas
Outros já preferem agir de forma tácita
E tudo via se aprofundando na retórica
E de política o povo está com cólicas
E vai levando na sua vidinha módica
Quando o que dá risadas, sente cócegas
Do salário de miséria, coisa cômica

Parlamentarismo, monarquia ou republica
Muda o nome e terão todos forma única
Se não mudar a mentalidade lúdica,
modo de se encarar a coisa pública
Enquanto isso a esperança mais umbrícola
Secando a roupa no varal ainda úmida
sol batendo numa gota d'água fúlgida,
Que será de nós e de nosso habitat ...
Suando as mãos nós limparemos a política
A inflação é conseqüência desse cólera
E todo mal que nos assola é uma alíquota
Cujo montante principal é a política
Essa política sem lógica, sem nexo
Essa política do próprio paradoxo
Essa política larica mais que tóxico
Essa política do fight bem no plexo
Essa política que não respeita sexo
Essa política perdida em circunflexo
Essa política mentiras em anexo
Essa política do choque heterodoxo
Outro(その他) comments(0) trackbacks(0)
Combinação

Combinação 3ª multicol
como a briga.


Combinação 2ª mono
como a briga. 
Desenho(デザイン) comments(0) trackbacks(0)
東京アカラジェ&タピオカ、続々

Dorival Caymmiのバイアーナ讃歌、A Preta do Acarajé、ガル・コスタバージョンです。
ほんと、この歌に唱われているように、アカラジェって作るのに手間がかかるんです。
みんな、アカラジェ好きなのに、誰も作り方を知らないって。

間違い、誤訳、ご容赦ください!
歌詞を訳してみました。詩的にw
A Preta do Acarajé、直訳するとアカラジェの黒人女性。
「アカラジェ売り」でいーかなって。
アカラジェ作り、販売は必ず女性の仕事なので。
バイアーノ働けよって感じです。


A Preta do Acarajé アカラジェ売り

Dorival Caymmi/1939

Dez horas da noite  夜10時、
Na rua deserta  さびれた路上で
A preta mercando  黒人女性は商いをはじめる
Parece um lamento  ラメント(哀歌)にも似た
Ê o abará  それはアバラー
Na sua gamela  彼女の桶の中には
Tem molho e cheiroso ソース、良い香りを放ち
Pimenta da costa  ピメンタ ダ コスタ(という名のハーブ)
Tem acarajé  アカラジェがある
Ô acarajé é cor  アカラジェは色彩
Ô la lá io  ウーラーラーオー
Vem benzer  祝福来たりて
Tá quentinho  熱々で

Todo mundo gosta de acarajé  みんなアカラジェ好きだけど
O trabalho que dá pra fazer que é  それはどうやって作るの?
Todo mundo gosta de acarajé  みんなアカラジェ好きだけど
Todo mundo gosta de abará  みんなアバラー好きだけど
Ninguém quer saber o trabalho que dá  だれもそれに費やす仕事を知りたがらない

Todo mundo gosta de abará
Todo mundo gosta de acarajé
O trabalho que dá pra fazer que é
Todo mundo gosta de acarajé
Todo mundo gosta de abará
Ninguém quer saber o trabalho que dá
Todo mundo gosta de abará
Todo mundo gosta de acarajé

Dez horas da noite 
Na rua deserta
Quanto mais distante
Mais triste o lamento
Ê o abará


というわけで、

次回東京アカラジェ&タピオカ出張は、



渋谷のブラジリアン・バー、Blen blen blenにて、11月16日(土)!!
Comida(食べ物) comments(0) trackbacks(0)
誰の帽子?

Crioloの新しいシングル「Duas De Cinco」。
Rodrigo Camposの1stアルバムにおさめられている
「Califórnia Azul」まんま使いですね。カッケーなぁ。

ホドリゴ・カンポスの、サンパウロ、ミュージシャン仲間からの
リスペクト度合いが伺えますね。

アントニオ・ロウレイロにホドリゴのこと聞いたときも、
ホドリゴのこと、大好きだと言ってました。
音楽のタイプは違うけど、彼の音楽は、シンプルで明確だと。
(あまり好きじゃないアーティストのことも、風間だから話したんだよ、と言って教えてくれました、ぶぶぶw)

さて、そんなホドリゴ・カンポスさんにお会いしてきました。

先日、日本ツアーで訪れたVeronica Ferrianiのギタリストで来日したので。


この帽子。ミリアン・タウブキンさんのおうちに僕が忘れていったものだと
ことづかって、アントニオ・ロウレイロが日本まで持って来てくれたもの。

でも、これ、僕の帽子じゃなかったんです。

とすると、その場に居た帽子仲間のホドリゴのかなと思って、
日本に来たら、そんな経緯の帽子を返すねー。なんてメッセージやりとりしてたんですが…。

これ、ホドリゴのでもなかったんです…。誰の?

ま、いいか。

ってことで。DJ松澤さん(真ん中左)とホドリゴ(右)とチアゴ・フランサ(左)
とのむさくるしい(失礼)一枚。(Veronicaと一緒に撮りたかった…w)

今までファンすぎて、ホドリゴにちゃんと伝えられなかったんですが、
2009年に初めて彼のファーストアルバム聞いた時の衝撃、その感想を
伝えることができました。

「Chegou!」

やっと来た!聞きたかったものが!って感じ。




あ、そうだ、ちなみにセカンドアルバムは「Bahia Fantastica」です。


それで、なんと、今年、彼はブラジル音楽で最も権威のある、
第24回Prêmio da Musica Brasileiraで
Categoria Revelação(何賞…ですかね?)を受賞!
Show(ライブ) comments(0) trackbacks(0)
旅のつづき_2013、Juiz de Fora→Rio de Janeiro

大きな地図で見る

旅のつづき。
地図を見ていただくとわかりますが、Juiz do Foraはミナス州でも限りなくリオに近い
県境な位置にありまして。

サンパウロに直行で帰るよりリオにちらっと寄って帰ろうかなと思っておりました。

というのも、目的があったわけでありまして…。

Caetano VelosoのAbraçaçoのツアー、Circo Voadorで3/21から始まったのですが
その追加公演のチケットが発売されたという情報を手に入れまして。

サンパウロだとリオのショウのチケット手に入れにくいんですよ。
販売サイト経由だと、日本のクレジットカード使えなかったり、
CPF(納税者番号)が必要だったり。
チケット販売サイトごとに窓口もサンパウロ市内にあったりはするのですが、
まあ、そこは、ブラジル。機能してないところのほうが多いんですw
で、Circoへ直で買いに行ったほうがいいかなって。Circo Voadorに登録して
ディスカウントの画面のプリントorスマホでその画面を窓口で提示すると、
なんと、半額になりますし!
カエターノのショウは、120レアル(約6000円)が半額の60レアルでした。


LapaのArcoのすぐそば。Circo Voadorです。
チケット販売窓口がありまして、そこで購入できます。
たしか、19時までですので、お気をつけて。
(僕はタクシー飛ばして、閉まる5分前でギリギリ買いましたので…)



大きな地図で見る

せっかくLapaで19時に用事が済、放り出されたので
どっか面白いとこで、ビールでも飲んで音楽聞きながら
サンパウロへ帰るバス待ちの時間潰しでもしよかな、なんて
ブラブラしてて、思い出しました。

あ、そうだ、コロンボに行きたかったんだ!と。
リオで最も古くてシッキ(シックな)なカフェ(コンフェイタリア=お菓子屋?)。

つづく…のか?


Comida(食べ物) comments(0) trackbacks(0)
ロゴマークの仕事、2013。


多摩大学の大学院のロゴマークを作りました。
「TGS」。

Desenho(デザイン) comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/39 | >>