サンバにボサノバ、MPB。ショーロにフォホーにセルタネージョ。ブラジル音楽中心、サンパウロでのレコード漁盤日記。デザイン。Tシャツ。ブラジル料理。他。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Criolo, Mensagem para o Japao

先週、クリオーロのライブに行きまして、おしゃべりさせてもらってから、
彼と色々なところで出くわしましております。何か縁がありますね、きっと。なんてw
昨日も友人の映画監督の金子遊さんと一緒に道を歩いていましたら、
後ろから「ポンポン」と肩を叩かれたので、誰かと思ったら、クリオーロさんでした。

日曜日に行われた、エル・グランジ・コンセルト2というショウの会場で、
せっかくなので、なんか、日本にメッセージください、と。
無茶なお願いにも、快く答えてくれるクリオーロさん、素敵すぎます。
ありがとうございました。


以下、邦訳。カジ君、オブリガード!!(訳・弓場パブロ)

(メッセージ)はもちろん、喜んで送るよ
日本にルーツをもった友人も多くいる、とてもスペシャルな国だよ
特にクラウディオさんという、年配の方なんだけど
彼は僕らをインスパイアし、とてもお世話になっている
El Rocha (?)というスタジオに務めている
彼は我々にいつもポジティブな刺激を与えてくれる
ということで、日本の皆さんへよろしくと伝えたいです
あと、このような機会を与えてくれてありがとう


追記、4/30:El Rocha。ダニエル・ガンジャマンが父とともに始めたスタジオ。
クラウディオさんとはダニエルの父親かと思われます。日系人。
友人のパメラさんとも話していたんですが、クリオーロの成功は
やっぱ、バックトラックがいいからもあるよねって。ダニエル・ガンジャマン、
マルセロ・カブラル、インスティチュート(Coletivo Instituto)のセンスが
いいからだよねーって。
Show(ライブ) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sprecord.jugem.jp/trackback/332
<< NEW | TOP | OLD>>