サンバにボサノバ、MPB。ショーロにフォホーにセルタネージョ。ブラジル音楽中心、サンパウロでのレコード漁盤日記。デザイン。Tシャツ。ブラジル料理。他。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
レコードの美学


ジャパン・ファウンデーションで行なわれた
細川周平さんの講演会へ行ってきました。

細川さん。
大衆(民衆)の『鑑賞』(特に音楽)の歴史を
考察、批評した著書、多数。

学生時代に音楽、批評関係の著書はだいたい読んだのですが
彼のブラジルに関する書物、日系社会の考察モノ。
2冊あるのですが、そのころはあまり興味がなく
未読でございました。

『サンバの国に演歌は流れる―音楽にみる日系ブラジル移民史』
『シネマ屋、ブラジルを行く―日系移民の郷愁とアイデンティティ』

講演会の内容はシネマ屋〜の内容を引き継ぐものでして
日系移民の映画を『鑑賞』した歴史の考察を
わかりやすく、映像、写真などの資料とともに
説明してくれるものでした。

とても面白かったですね。
途中、資料に関係する方々、いわば生き証人の方の
歴史を塗り替える貴重なコメント、訂正(笑)、
細川さんとの対話、もしくは独演(笑)などもあり。


写真は中でも興味深かった、ある映画のワンシーンです。
この映画は唯一の日系ブラジル人が作った(監督は日本人らしいですが)
ものでして、『南米の荒野に叫ぶ』という映画です。
タイトルはとっさにメモしたので、ちょと間違ってるかも
しれません。詳しい方、訂正お願いします。
奇跡的に日本にフィルムが現存していて、そのコピーだそうです。
機会があったら全編見てみたいなあと。





Outro(その他) comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








へぇー!なんだか面白そうな映画ですね。私も見てみたいです。サンパウロで充実した日々を送られているようで、うらやましいです。私もあと1週間ほどでそちらへ行きますので、美味しいものなど教えてくださいね!

from. yuk | 2007/08/17 13:37 |
yukさま
コメントありがとうございます。
サンパウロでお待ちしておりますー。
from. nou | 2007/08/18 03:28 |
ブラジルの岡村です。その節はありがとうございました。
映画『南米の広野に叫ぶ』についてググッて御ブログに行き当たりました。
原題は旧字体ですが、細川さんは著書で「広野」としています。
中野で上映された拙作『京 サンパウロ/移民画家トミエ・大竹 八十路の華』はひどいブーイングにさらされましたが、そのひと月後、僕がブラジルに戻った翌日にトミエ先生は亡くなられました。
from. 岡村淳 | 2015/03/03 04:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sprecord.jugem.jp/trackback/31
<< NEW | TOP | OLD>>