サンバにボサノバ、MPB。ショーロにフォホーにセルタネージョ。ブラジル音楽中心、サンパウロでのレコード漁盤日記。デザイン。Tシャツ。ブラジル料理。他。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
サンパウロレコ屋雑感


caruaruのフェイラ詳細の前に、

サンパウロの事も忘れないうちに
書いておこうと思いまして。

日本でもそうですが、
なんだか、レコード屋さん界隈、
一回りしてしまった感がありますね。


サンパウロもそうですが
そんななかで、

え、このレコ屋、こんなに当たりだったっけ?

って思ったお店がありました。

なんか、色々安っ!
貧乏旅行じゃなかったら、
トランク一つ、レコード詰めて帰りたいくらいでした。


DISCO SETE
R.SETE DE ABRIL 154, Garelia Nova Barao




ガレリアになっている商業ビル、2階にあります。

レア盤から定番まで、
とにかく、3年前に比べると、値崩れしてるのか
安いんですよ。全盤視聴できますし。

店主曰く、最近は
日本人はあまり来なくなったとかとか。
景気か。

僕の来店時には、アメリカ人の団体が
ごっそりと貴重盤を買い付けてました…。
ああああうらやましい。


お薦めのコースをグーグルマップで。

地下鉄ヘプブリカ駅を出て、
ディスコセッチ→バラートスアフィンス
というレコ屋巡りの旅。


大きな地図で見る
Loja do Discos(レコ屋) comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








本当に教えたくない店はここですね。サンパウロでレコ掘りするなら、一番最初に行くべき店です。ここである程度の市場価格と目ぼしいお皿をインプットしておいてから、他店での動向をつかみもう一度ここに戻ってくるというのが一番効率的なツアーでしょう。
まあ、そもそも私もnouさんから教えてもらった立場なんで、この店の特徴を下記します。
(あくまで私の好きなブラジル皿の視点ですが)
・値段が安く
・そんなに大きくないレコ棚ながら、RareGroove視点の皿が凝縮されているイメージで、ブラジルなら何でもじゃないのでセレクトしやすい。
・全盤視聴可能(時々他の人に譲ってあげてね)
・時々ビールおごってくれる(ただし、いつもSKOL)
・大量購入時に交渉すればディスカウント可能(カード10%,現金20%)
・店のオヤジはちょっとした英語なら理解してくれる。
・常連がご陽気(入店時になぜか俺に握手を求めてくる)
・綺麗な女の子(日本でいうところの旧渋谷系女子?)が結構エサ箱探してる。
from. おち | 2013/10/29 19:59 |
まったくおっしゃる通りでw

試聴できるの、いいですよね。1日潰せますw。お腹へったら並びの飲食店で飲み食いして。オススメはお店に向かって右端のノルデスチなバールでしょか(まだあるかな?)

先般、お洒落女子(日本人)がレコード通へお土産買いたいというので、ここへ連れて行って、エレンコのオリジナル買わせましたが(Tom JobimとSergio Mendes)2500円くらいでしたね…。
from. nou | 2013/10/31 11:39 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sprecord.jugem.jp/trackback/260
<< NEW | TOP | OLD>>